株基本戦略

1.基本方針

株式投資にはいろんなスタイルがありますが私は長期です。割安と思える会社を買って、じっくり値上がりを待つスタイルです。割安かどうかを判断するのは非常に難しいのですが、私は以下のやり方をしています。
別段目新しい戦略ではないですが、実際にこれで2400万円以上儲かっています。

2.日経平均を目安にする

会社によって業績はまちまちですが、確率的に日経平均が低いときは割安の(値上がり余地が大きい)会社が多いはずです。日経平均が低い時に大きく仕込んで、日経平均が高い時は買うのを控えます。日経平均が1万円以下の時にめいっぱい買って、日経平均が1万5千円を超えたら全部売ってしまう。これを守っていればまず負けることはないでしょう。ただそれでは売り買いのチャンスが10年に1回ぐらいしかありません。効率が悪すぎです。

日経平均推移

3.何回かに分けて買っていく

自分の資金力に合わせて、買い始めるラインと資金を使い切るラインを決めます。例えば日経平均2万円以下になれば少しずつ買い始めて、下がってもせいぜい1万6000円ぐらいまでだろう、と決めます。

日経平均が下がるのに合わせて少しずつ買っていきます。リスクを分散するために、ひとつの銘柄に集中するのではなく複数の銘柄を買います。反転すれば利益が出ている株を売って利益を確定させます。

想定していた下限以上に下がることもあります。その時は指をくわえて見ていましょう。失敗したな、と思ったときは売ることもありますが、基本的に損切り(売却してそれ以上損失が拡大しないようにする。損失が確定する)はしません。株の教科書では損切りすべきと書いてあることが多いですが、実際やろうと思ってもなかなかうまく行きません。なので私は塩漬けにして回復を待つことが多いです。

4.PER(株価収益率)、配当利回り

銘柄を選ぶにあたっては私はPER(株価収益率)を重視しています。PER(倍)は株価÷1株あたり純利益(EPS)で計算されます。純利益の何倍まで株価が買われているかを表しています。例えば今の株価が100円で、EPSが20円だと5倍です。株価が下がるか、純利益が上がるとPERは下がります。純利益が2倍の40円になれば、PERは半分の2.5倍になります。PERが低いほうが割安です。1年で一株あたり40円も利益があるのに、株価がたったの2.5倍の100円というのは超割安!ということです。

何倍以下が割安かは、業種や景気の見通しによって変わってきますが、PER10倍以下の銘柄を極力買うようにしています。それから重要なのは実績ではなく、見通しです。会社のIR(決算短信)で通期の予想EPSが確認できますので、現在の株価からPERが計算できます。

配当もばかにできないので、特にNISA枠で買うときはできるだけ利回りは3%以上の会社を狙っています。ただ業績が悪くて株価が下がり利回りが良くなっていることがあるので、業績の確認が必要です。

あとは年度別の売上や利益の推移、PBR(株価純資産倍率)などを見ます。PBRは2倍未満を一応の目安としていますがあまり気にしていません。特に2部銘柄やマザーズなどでは気にしません。

5.銘柄の探し方、スクリーニング

銘柄を探すときは証券会社のスクリーニング機能を使います。PER 5~10、PBR 0.5~2など条件を入れて検索します。多くの会社がヒットするので、聞いたことのある社名、配当利回り、時価総額などを参考に気になる会社を順番に見ていきます。まず見るのは四季報の財務状況で売上、一株利益、配当の推移を見ます。チャートやその会社のホームページを見たりして、これは良さそう!と思う会社をお気に入り登録していきます。SBI証券のスクリーニングが使いやすくてよく使っています。

もうひとつの方法は、普段生活していてこの製品や業界は伸びるぞ、と思ったら、それに関係する会社をGoogleで調べていくというやり方です。金属3Dプリンターいいんじゃない?とか、外国人まだまだいっぱい来てるしリゾートホテルとか高級ホテル事業やってる会社どうかな、大手じゃなくて、とかです。普段からアンテナを張っておいて連想ゲームののりで楽しみながらやっています。

6.東証一部、二部、マザーズ、ジャスダック

私は一部銘柄が8~9割、二部、マザーズ、ジャスダック合わせて1~2割ぐらいの割合で買っています。マザーズやジャスダックなどの新興市場銘柄は爆発力があるのですが、反面下落も激しいです。またPERなどの指標があまりあてにならず判断がむずかしいです。ですので私は一部銘柄をメインにしています。日本の一部上場基準はゆるいので一部でもそれほど時価総額が大きくなく値動きのいい銘柄も多くあります。

7.利益確定のタイミング

買値から3割から5割程度値上がりすれば売ることが多いです。日経平均が高めのときは早め早めの利確で、日経平均が底をうったあとなどは我慢して大きな値上がりを狙っています。

あなたも次のチャンスに備えて、株を始めてみませんか。まずは始めてみることが大切だと思います。

↓私がメインで使っている証券会社です。手数料が安いのが魅力です。