確定拠出年金

確定拠出年金は個人型(iDeCo(イデコ))と企業型(企業型DC)の二種類があります。会社で加入してそのままほったらかしの人も結構いるのではないでしょうか。私も最初の数年はまったく変更しなかったのですが、景気回復に合わせて日本株の投信の比率を高めてうまく利益を出すことができました。以下は私の過去10年の実績です。

自己資金が224万円で、損益が+73万円。運用利回りは4%ほどです。まぁまぁじゃないでしょうか。

基本的な作戦は株と同じです。日経平均、ダウが安いときに日本株、外国株の投信を仕込んで、日経平均、ダウが上がってくればそれらを売って定期や債券の比率を高めます。それほど頻繁に入れ替える必要はないと思います。私は数年に数回程度しか入れ替えません。

積極的に買うゾーン(日経、ダウが低い時期)では日本株、外国株、TOPIXの投信の比率を高めます。ひとつに集中せず複数の投信を買うほうがリスクを分散できます。

ここ数年は米国株が調子いいので外国株式インデックスファンドが非常に良いパフォーマンスを出していますね。ただダウも史上最高値をつけていますし、どこかで反動が来ると思います。タイミング見て買いたいところです。私は今、300万円ほどの資金のうち50万円ほど日本株の投信を買っていて、残りは定期と債券にして次の買い場を待っています。