2020年1~6月振り返り

2020年6月末の総資産は3,922万円でした。3月末からは+264万円と大きく取り戻せましたが、昨年末の資産からは330万円ほど目減りしています。もう少しうまく立ち回りたかったところです。過去に同時多発テロ、ハイテクバブル崩壊、リーマンショック、東北大震災など何度も危機を経験していますが、今回はその経験をあまり生かせませんでした。

日本株から外国株に資産を50万円移しているので日本株+50万円、外国株-50万円で見てください。FXは大健闘です。

2018年度末にも資産は減っていますが、それ以上に2019年度大きく資産を増やすことができたのですが、今回はそう簡単には行きそうにありません。

昨年末時点で今年は米国の大統領選もあり、日本も米国もかなり長期間経済の好調が続いていたのでいったん大きく落ち込むかもしれないと考えていました。ある程度キャッシュを増やしたり、輸出銘柄やハイテク関連を減らして内需株にシフトしていたのですが、結果は思わしくありません。内需株としてウェルスマネジメントやビーロットなどインバウンド銘柄を大量に保有していたため大ダメージを食らってしまいました。昨年末の時点では不況がきてもインバウンドは手堅いだろうと考えてのことだったのですが、コロナ禍で観光産業は深刻な状況に追い込まれています。コロナ禍が話題になりはじめた初期の段階でいったん売却すべきだったのですが、決断できませんでした。

ただキャッシュがある程度あったので3月の急落時には米国株や日本株を買うことができました。自分と嫁さんのNISA枠はほぼ使い切りました。子供のジュニアNISA枠はまだ残っています。ご家族のNISAを開設していない方は開設を検討されてはどうでしょうか。税金で利益の20%持っていかれるのは結構痛いです。ジュニアNISAは20歳まで引き出せないので注意です。

初めて原油ETFを買ってみる余裕もありました。(原油ETFの評価額は日本株に含まれています。)

ポートフォリオとしてはいずれ日本株の比率を50%ぐらいまで減らして外国株とFXの比率を増やしたいと思っています。

今回は手ひどいダメージを食らってしまいましたが、すぐに取り戻そうとせず、十分キャッシュに余裕を持って次のチャンスをじっくり待ちたいと思います。

あなたも投資を始めてみませんか。次のチャンスに備えてまずは少額で始めて自分にあった投資を探してみてはどうでしょうか。
口座を新たに開設される方はぜひこのブログの広告から開設して頂けると私にもちょろっとお小遣いが入ってきて非常に助かります。よろしくお願いします。

楽天証券
SBI証券
DMM FX
マネックス証券 iDeCo