6月21日週の実績

6月21日週 +296,682円

1.日本株

①売却株 なし
②売却益 0円
③新規購入株 なし
④信用新規  なし
⑤信用返済  ¥0
④配当、貸株金利 ¥288,670(フージャースHD、日鉄物産、東亜道路、ダイキン工業、三菱重工業、三井住友フィナンシャルG、ふくおかフィナンシャルG、ウェルス・マネジメント、三菱UFJフィナンシャルG、アールビバン、東洋紡、あおぞら銀行、上新電機、SUBARU、マツダ)

2.外国株

①売却株 なし
②売却益 ¥0
③新規購入株 なし
④信用新規  なし
⑤信用返済  ¥0
⑥配当  ¥0

3.FX

3.1.米ドル
①売却益   ¥8,000
②スワップ  ¥12

3.2.豪ドル
①売却益   ¥0
②スワップ  ¥0

3.3.ユーロ
①売却益   ¥0
②スワップ  ¥0

4.原油関連

4.1.ETF、投資信託
①売却益   ¥0

まとめ

+296,682円

日本株、外国株の売り買いは無しです。FXの利益が8000円ほどあった以外は配当金です。3月決算の会社が多いので当たり前ですが、毎年この時期は配当が多くて楽しみです。特に今年は株の売買は不調なので配当がありがたいですね。金額的には東亜道路が一番大きく半分を占めています。配当利回りも4%を超えています。ただしコロナの影響で今期の業績が大きく悪化する企業が多いので、現時点で配当利回りだけを見て買うのは非常に危険です。

下のグラフは国別感染者数の推移です(外務省海外安全ホームページから)。日本国内は落ち着きつつありますが、海外はなかなか収束の気配が見えません。米国は収束どころか加速しています。しっかりしてよ、という感じです。南米、中東、インド、アフリカもやばいです。株価は日米とも3月からはかなり回復しましたが、なにかをきっかけに急落する危険をはらんでいます。私はキャッシュポジションを増やしたり、少し空売りを入れたりして、急落に備えています。

(出典:外務省海外安全ホームページ)
(出典:外務省海外安全ホームページ)



SBI証券
DMM FX