FX運用実績(2020年1~3月)

1.1~3月実績

2020年の1~3月の実績は売却損益+620,050円、スワップ+76,543円、計+696,593円でした。3か月で去年1年間の実績を超えました。2月から3月にかけての乱高下のおかげです。

2019年1月からの累計では売却損益+1,180,760円、スワップ+159,528円、計+1,340,288円です。

2.振り返り

2月20日ごろに112円をつけたあとわずか3週間程度で10円以上下落しました。黄色の枠線で囲んだ部分です。強烈ですね。今回のように短期間で大きく下落した場合は反動で大きく戻すことがよくあります。ですので、普段は買値から0.4円上がれば利確していますが、こういう時は少しがまんしてひっぱってから利確するものを織り交ぜるようにしています。下記は最近の約定履歴ですが、ときどき+20,000円とか+36,000円とかあるのがそうです。3月だけで+46万円と過去最高の好成績を出すことができました。2018年12月にも今回のような急落があり、そのときに同じようなことがいずれまた起きるだろうし、どうすればいいか考えていたのですが、うまくはまりました。

以下略。

3.今後の方針

2019年振り返り投稿時でも触れていたように今年は株も為替も大きく荒れています。FXは好調ですが、それ以上に株で大きく評価損が出ています。株も為替もいまのところ小康を取り戻していますが、実態経済への影響は深刻です。1ドル100円を割るような強烈な円高が来る可能性も念頭にいれて、あまり大きくポジションを取りすぎないよう慎重にやっていこうと思います。具体的には0.3円ずつ買い下がっていく方針を、0.5とか0.7とかに広げていきます。もともと細かく買っていくのは為替が自分の想定しているレンジ内の時なので基本方針に変わりはありません。

私のやり方は為替の値動きを読んで売り買いするのではなく、下落に応じて淡々と少しずつ買っていき、買った価格より少し上がれば売り、下がれば塩漬けして値上がりを待つだけです。資金が不足して強制ロスカットさえ食らわなければいつかはプラスになります。株の長期投資をしている人はイメージがつかめるかと思います。倒産さえしなければそのうち上がるさ、という感じです。株よりは細かく売り買いして回転重視ですが。

FXはじめてみませんか。口座を新たに開設するのであれば私のブログのバナーから申し込んで頂けると、私にもおこずかいがちょびっと入ってきて非常に助かります。よろしくお願いします。

DMM FX
外国為替証拠金取引の外為オンライン